【有給まとめ保存版】有給義務化でパートも正社員扱いになる基準が一目でわかる!罰金、繰越、前借りは?夏季休暇との違い。「有休・有給どっち?」英語で何て言う?連続40日取れる?

転職・就職Q&A

社会人として最低限知っておくべき、有給義務化と有給休暇の素朴な疑問を、わかりやすくまとめました

有給義務化とは?

2019年4月1日から、全ての企業が、条件を満たす労働者に対して、有給休暇を最低5日間取得させることが義務付けられます。

2018年6月29日「働き方改革関連法案」の成立により、決定しました。正式には、労働基準法の法改正です。

 

有給取りづらい、休みにくい雰囲気の職場から脱出。転職先で衝撃を受けた話。
有給取りづらい、休みにくい雰囲気の会社って何なんでしょう。新人って有給取りづらくないですか。有給義務化でも、会社の根っこのカルチャーは変わらないと思います。僕が経験した最初の会社と、転職後のホワイト企業との差をお話します。

 

今までと何が違うの?

今までは、有給休暇の権利が20日間あっても、労働者が申請しなければ、有給ゼロの企業もあり得ました

2019年4月以降は、必ず最低5日間は有給を取得させることが会社に義務付けられます。

画像引用:厚生労働省 リーフレット「働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて」

 

有給義務化の条件を満たす労働者とは?

年次有給休暇を10日以上付与されている労働者が有給義務化の対象です。

その「10日以上付与されている労働者」とは、以下の2つの条件を満たす労働者となります。

(1) 入社して6か月経過していること
(2) その期間の全労働日の8割以上出勤したこと
労働基準法 第39条 「使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。」

派遣、パート、アルバイトでも有給休暇は取れるの?

派遣、パート、アルバイト、どのような勤務形態であっても、有給休暇の権利は発生します。

また、派遣・パート・アルバイトによる差はありあせん

 

有給休暇を「得るための条件」は、正社員と同じです。前述した①半年間勤務、②8割以上出勤、ですね。

 

一方、有給休暇が「付与される日数は、「1週間の勤務日数」、「1週間の勤務時間」、「1年間の勤務日数」によって、決まります。

 

<パターンA> →正社員と同じテーブルの有給休暇日数
(1)「週所定労働時間が30時間以上
 又は
(2)週所定労働時間が30時間未満でも、週所定労働日数が5日以上かつ「年間の所定労働日数が217日以上
<パターンB> →別テーブルの有給休暇日数
(1)「週所定労働時間が30時間未満
かつ
(2)週所定労働日数が4日以下又は「年間の所定労働日数が48日から216日まで」

 

文章ではわかりにくいので、正社員とそれ以外を一つの図にまとめると、以下になります。

図で桃色で色付けしている部分が、2019年4月からの有給義務化の対象となる「10日以上付与されている労働者」です。

 

 

例えば、下のように「派遣・アルバイト・パートで、週4日、1年働いた」場合は、以下のように、7日の有給の権利が得られます。しかし、2019年4月からの「5日間の義務化」の対象ではありません。(10日間未満のため)

 

 

例えば、下のように「派遣・アルバイト・パートで、週3のときもあれば、週7のときもあり、合計すると、入社半年で160日働いた」場合、以下のように、正社員と同様に、10日間の有給の権利が得られ、うち5日間は義務化されます。

 

上の図では、「過去1年間の合計勤務日数」と書いていますが、まだ半年しか働いていない場合は、その半年の勤務日数を2倍して1年換算して計算します。

従って、過去半年で160日働いていたら、160×2=320日>217日なので、正社員のテーブルと同じになるというわけです。

 

ここでのポイントは、「週5×半年」という条件を満たせば、アルバイト・パート・派遣であっても、1日の労働時間に関わらず、正社員と同様に有給日数が義務付けられることです。

 

つまり、「1日3時間×週5×半年」でも、最低5日間の有給の権利が義務付けられます。これに該当するアルバイト・パートの人は少なくないのではないでしょうか。

 

ただし、有給中に与えられる「給与」は、労働時間に応じた比例配分となります。毎日3時間勤務なのに、8時間分もらえるわけではありません。

 

有給休暇5日取得の義務を守らなかった場合に罰則はある?

該当する従業員1人当たり30万円の罰金が科せられます。

従業員100人だと、3000万円です。中小企業だと馬鹿にならないので、普通は守ると思います。

 

有給休暇の時季指定権とは?

従業員が、有給休暇を取りたい日を指定できる権利です。当たり前の権利ですね。

 

有給休暇の時季変更権とは?

従業員の「時季指定権」に対し、会社は有休の「時季変更権」を持っています。

 

この日に、有給取りたいんですけど(時季指定権)

う~ん。ちょっとそこで休まれると業務回らないから、別の日にしてくれない?(時季変更権)

労働基準法 第39条 「使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」

 

有給休暇は、従業員の重要な権利であり、会社が日程を変更することは原則できません。

 

しかし、会社によっては、「事業の正常な運営を妨げる場合においては」という部分を拡大解釈して、休む日を指定してくる可能性があると思うんです。

 

何か有給5日間が義務になったんだけどさ、うちの会社ってご存じのように、人が足りなくてなかなか回らないから、お盆休み3日と年末年始2日あたりにしてくれたら助かるなぁ。あ、強制じゃないけどね。

でもねぇ・・・

とかね。

 

そういわれたら、就業規則を確認して、こう言い返しましょう。

夏季休暇と年末年始休暇は、うちの会社の就業規則に定められている特別休暇であって、有給休暇とは別ですよね。

 

私がいなくとも、他の人と調整すれば業務が回りますよね。時季変更権は成り立たないと思います。だから、好きな日に休ませて頂きます。

 

もちろん、業務が円滑に回るように、他の人と休暇が重ならないように考えますよ(^^)。

有給休暇は入社1年目でも取れるの?

今回の有給義務化の話の前に、そもそも前述したとおり、(1)6か月以上勤務、(2)8割以上出勤、を満たすことが有給を得る条件ですので、入社して6か月経つまでは、有給は取得できません。

 

つまり、4月に入社して、8月のお盆休みに「有給取って、実家に帰ろう」と思っても、まだ有給の権利はないわけです。会社が任意で定めている「夏季休暇」で休むことになります。

 

有給休暇って、最大マックス何日取れる?

最大で、年間20日間です。

ただし、消化しなかった有給は最大1年繰り越せるので、2年分足すと最大40日になります。

それ以上は増えません。

 

一般の労働者(正社員)の有給休暇の日数は、以下のように増えます。

勤続年数が6か月経ったときに10日間付与され、6年6か月経ったときに、20日に達します。

 

有給を使わなかったら、翌年に繰り越せる?

前述の通り、翌年度1年だけ繰り越せます

 

以下の労働基準法に基づき、有給休暇の時効は2年です。

したがって、3年目になると、1年目の消化しなかった有給は、リセットされます。

労働基準法第115条 この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は二年間、この法律の規定による退職手当の請求権は五年間行わない場合においては、時効によつて消滅する

 

有給休暇は、連続何日取れる?

労働基準法に、連続日数に関する規定はありません。

 

有給休暇は2年間で時効ですので、前年分の繰越20日と今年分20日の合計40日が、連続で取得することができる最大日数となります。(有給が20日つくのは、入社6年半以上です)

 

40日も連続で有給とったら、帰ってきたら、席が無くなるんちゃうの?

 

そう心配するかもしれませんが、有給休暇が「事業の正常な運営を妨げ」なければ、いつ有給をとるかは従業員の権利です。業務に支障が出ない場合は、連続40日間取ることは可能です。

 

また、有給取得により評価を下げることも、法律で禁じられています

労働基準法第136条 使用者は、第三十九条第一項から第四項までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない

 

僕がいた外資系企業だと、クリスマス前の12月初旬から3~4週間休暇を取って、スイスにスキーに行く人とか普通にいました。

 

日本企業だと、まだ見たことがないです。もし「有給連続40日」にチャレンジするなら、事前に上司や周囲の了解を得るのが、常識ですね。

 

日本でも、外資みたいに、ダイナミックな休み方が普通にできるようになればいいですね。

 

有給は前借りできるの?

前借りは、できません。

 

入社6か月未満だとまだ有給はないので、前借りしたいと思うかもしれませんが、一般的にそれはできません。

なぜなら、「前借りした有給を後で差し引くことが、労働基準法に違反すると考えられている」からです。

たとえ、「後で差し引きます」と、会社と独自の契約書を交わしたとしても、労働基準法によって有給が従業員の権利として守られているため、請求すれば会社は断れません。つまり、その人だけ、多く有給をもらう権利が発生してしまうわけです。

 

どうしても休まないといけない慶事・忌引などは、普通の会社なら、特別休暇を設けています。

 

有給休暇と夏季休暇(お盆休み)、年末年始休暇(正月休み)の違いとは?

有給休暇は、労働基準法39条に基づく義務です。

 

有給休暇以外に、労働基準法で定められているのは、女性の「産前産後休暇」(労働基準法第65条)と、「生理休暇」(労働基準法第68条)だけです。これらは、休暇中の給与が出るかどうかは、会社の任意となっています。全額出る会社もあれば、半額しか出ない会社もあります。

 

一方、それ以外の、「夏季休暇」、「年末年始休暇」、「慶事・忌引休暇」、「リフレッシュ休暇」、「病気休暇」などは、すべて会社の就業規則により規定されている「特別休暇」と呼ばれます。これは会社によって異なります。

有給インターンとは?

給与がもらえるインターン制度のことを、有給インターンといいます。

 

今や割の学生がインターンに参加する時代です。

しかし、まだ有給のインターンは、日本では限られています。

米国では、「無給で長期間仕事をさせた」として、インターンが会社を訴えて、賠償金を得たという事例もあるので、今後は有給インターンが増えていくと思います。

 

有給インターン(長期)を探せる最新おすすめサイト11選比較!できる大学生はバイトより有給インターンを選ぶ理由
長期・有給インターンの探し方を知りたい大学生必見!受からない人の面接サポート、志望動機・自己PR対策をやっているエージェントあり。「1年生OK」「髪型・服装自由」「内定直結」「英語で仕事」「外資」など、理想の有給インターンが見つかる。東京、神奈川、横浜、大阪、京都、名古屋、福岡に加え、海外もあり。

 

いまさらだけど、「有給」か「有休」か、漢字はどっちが正しい?

「有給」も、「有休」も、どちらも言葉としては存在します。

「有給」は、言葉通り給料が支払われることです。「有給インターン」という言葉がありますが、言葉通り、給与が支払われるインターンのことです。

また、「有給」を有給休暇」の略語と捉えることもできます。

 

一方、「有休」は、完全に暇」の略語です。

 

従って、「ゆうきゅうを取得する」と言う場合は、「給料が支払われること(有給)を取得する」ではおかしな日本語になり、紛らわしいので、日本語的には「有休」が正しいと思います。

 

しかし、一般的には、有給休暇の略語として、「有休」より「有給」が使われています。Google検索数では、「有給」が3200万、「有休」が320万と、10倍の差です。

従って、当サイトでも、有給休暇の略語は、「有給」で統一しています。

 

有給休暇を英語で言うと?

正式には、「paid leave」や「paid holiday」と言います。

ただし、実際に僕がいた外資系企業では、「明日、有給で休みます」という場合に、「paid」という言葉をわざわざ使っていることは聞いたことがありません。(paidは当たり前のことなので)

「明日、休暇を取る」は、

「I will take a day off tomorrow」
「I will take a holiday tomorrow」

と言います。

 

有給休暇を中国語で言うと?

带薪休假」といいます。

読み方は、「ダイ シン シウ ジア」です。

ピンインは、dàixīnxiūjià    です。

 

有給休暇で旅行するときに、行先まで伝える必要ある?

国内旅行の場合は伝える必要は無いですが、海外の場合、会社によっては、国名や便名を上司に伝えることを義務付けている場合があります。万一の航空事故の際に、社員が巻き込まれているか、迅速に知るためです。

 

有給の取り方教えて!(新入社員向け)

いくら上司と親しくても、LINE当日の朝

今日有給とります。よろしくお願いします m(__)m

は、やめた方がいいです

 

 

普通は、数日前に上司に口頭かメールで直接伝えたうえで、会社所定の勤務管理表に入力します。

会社によって異なるので、同僚や上司にやり方を聞きましょう。

 

入力だけして何も言わずに休んだら、「最近の若いやつは・・・」と思う上司もいるでしょう。ちゃんと数日前に、上司に一言断ったうえで休みましょう。所属するグループにもメールで伝えるのが普通です。

 

特に、休暇が数日間続く場合は、メールの自動不在通知の設定も忘れずに。

 

有給休暇の理由、言い訳、なんて言えばいい?(新入社員向け)

理由も、言い訳も、不要です。

 

僕も初めて有給をとるときは理由を考えていたんですが、普通の会社では有給の理由を伝える必要はありません。

もしどうしても、それらしい理由が必要なら、「家庭の事情です」「私用です」と言って神妙な顔をしておけば、それ以上は聞かれないでしょう。あとは、ライブにいっても、家で映画見ててもOKです。

 

有給取得率(有給消化率)とは?

「有給を実際に取得した日数/有給付与日数」が、有給取得率です。

 

日本では、有給休暇の平均取得日数は9.0日、取得率は49.4%となっており、世界でも低くなっています。これが、有給義務化が後押しされた背景の一つです。

(出所:厚生労働省「平成 29 年就労条件総合調査の概況」)

 

有給取得率(有給消化率)が高い、うらやましい会社の探し方。転職サイトを比較した結果は?
有給取得率(有給消化率)が高い会社の調べ方を解説します。日本では有給消化率は平均49.4%に留まっていますが、有給消化率ランキング上位の会社は約100%が当たり前です。転職サイトによっては、「有給消化率8割以上」で検索することもできます。

 

まとめ

以上、とりあえず、21個まとめました。

ここだけ見ればわかるように、随時追加していきます。

 

2019年4月の有給義務化は、従業員にとって、働き方を変えられるチャンスです。

一方で、義務化の「抜け道」を模索している会社もあります。

 

しっかり知識武装して、会社に流されず、自分の有給は自分で守れるようにしましょう!