有給取りづらい、休みにくい雰囲気の職場から脱出。転職先で衝撃を受けた話。

体験談

有給取りづらい、休みにくい雰囲気の会社ってありますね。僕は新卒でまさにそういう中小企業で働いていました。

 

2019年の4月から、5日間の有給休暇取得が義務化されるので、少しは有給が取りやすくなればいいですが、有給取りづらい会社の根っこのカルチャーって、結局変わらないと思います。

 

そんな有給取りづらい会社から、ホワイトな会社へ転職して、有給に対する考え方の違いに衝撃を受けたので、お話します。

有給休暇が取りづらかった最初の会社

僕が新卒で入社した最初の会社は、中小企業でしたが、半年後に有給の権利を得てからも、有給休暇はないようなものでした。有給がないどころか、土日もかなり働いていました。

 

例えば、新入社員研修を終えて、営業に配属されたんですが、「今度の土曜日に新規電話営業を1人500本やろうよ」と体育会系の上司が急に言いだし、新人全員、土曜日に駆り出されることもありました。

 

電話帳を見ながら、片っ端からかけました。

 

最初は嫌々なのですが、8時間くらいかけて500本やり終えたときは、同期一同、達成感で一杯でした。共にマラソンを走り切ったような連帯感です。上司は満足気でした。

 

 

でも、土曜日に迷惑な電話をしても、一人も新規顧客に結びつかずビジネスではなく単なる自己満足でした。サークルじゃないんだから。

 

入社2年目にもなれば、平日は朝7時半から夜9時頃まで残業していました。

 

また、目標数字に届かなければ、土日出社してダイレクトメール作るのは当たり前でした。おかげで、A4の三つ折りが上手くなりましたよ。自主的に土日出勤する若手が上司に可愛がられました。

 

 

その頃、僕らがよく上司に言われたのが、

「ろくに自分の給料分すら稼げていないお前らは、会社の給与泥棒だ」

権利というのは、義務を果たした者のみにあるこれが社会のルールだ」

ということでした。

 

新人だけでなく、中堅になっても、大変そうでした。

 

入社8年目の中堅社員の先輩が、夏季休暇をとって旅行に行ったときにも、支店長はわざわざ携帯に電話し、

「いまどこにいるんだ?そうか夏休みか。忘れてたよ。

俺たちはまだ今月の目標できてないから、いま必死でやってるよ。いいよな〜、休めて。しっかり休めよ。

と、嫌味を言っていました。

 

奥さんと楽しみにしていた旅行中にですよ。

 

(あ、先輩でも休み取るとこうなるんだ・・・)と思いました。ましてや、新人が有給なんて言いにくいのは当然です。

 

入社4年目の若い先輩も、普段は「そんな無理するなよ」「休んでも全然いいよ」というんですが、夜の飲み会の場では、

「あいつ新人のくせに、よく休むよな」
「俺が1-2年目の頃は、有給とか考えもしなかったけどな。」
「そう思わん?」

と言うので、ますます新人が有給取りずらい雰囲気となりました。昼間の発言は、そうやって新人のやる気を試していたようです。

 

 

休暇中に、陰で何か言われてそう。それが気になって、有給取っても、心が休まらない。
なんだかんだいっても、評価に響きそう。今まで頑張ってきたのに、勿体ない。

そう思っていました。

 

飲み会が終われば、帰宅は会社の独身寮。食堂へ行けば、またさっきの上司。寝て起きて、テレ東のモーサテ見たらたらすぐ出社。そんな毎日なので、常に会社のことで頭がいっぱいでした。

 

一度、会社の寮まで上司と3人で電車で帰宅しているときに、唐突に手前の駅で、わざと何も言わずに電車から降りたことがありました。上司が窓から「おい、駅まだだぞ。間違えてるぞ」と驚いて見てました。今思うと、変すぎる失礼な行動でしたが、一人になりたくて、心が黄信号出していたのかもしれません。

 

そんな状況でしたので、有給を取ったことはなかったのですが、なんせ初めての会社なので、

どこへ行っても、日本は有給休暇使えない。そんなに変わらない。
慢性的な人手不足で、全く有給休暇を与えない会社も多い。

と言い聞かせていました。

 

転職した2回目の会社で衝撃を受けた

その最初の会社で約3年働きましたが、本当にやりたいことがみつかり、転職しました。(そのときの面接のことも後半に書いてます)

 

その2社目は大手企業だったのですが、勤務面で衝撃だったのが、以下の3つです。

1.  土日出勤は原則不可
2. 夜7時半以降の残業は原則不可。どうしても残業する場合は、上司の許可が必要。
3. 夏季休暇、年末年始休暇と別に、計画年休を年間6日間は必ず取得

土日出勤なし?

平日7時半?

計画年休6日?

 

・・・マジか。

 

昼12時になるとチャイムが鳴り、、みなのんびりゾロゾロとオフィスを出て昼飯を食べに行く姿を見たとき、何これ、学校みたい・・・」と思いました。

前の会社では、「会社はお金を稼ぎにくる場所」で常に戦闘モードなので、「早飯も芸の一つだ」と言われ、すぐに営業に行くのが普通でした。

 

僕にとって一番衝撃だったのは、会議で、部下の計画年休の取得済日数がリストアップされ、取得が遅れている課長は、部長から「部下を休ませていないことが理由で・・・・・・・・・・・・・・・・叱られる」ことでした。

 

上司が「今月中に、必ず休ませます」と、神妙な顔で言うので、最初、唖然としました。

 

・・・え、部下を休ませることが上司の目標?

 

休めないほど忙しいわけでは全くなく、部下は単にいつ休むか決めていないだけの話でした。

 

前の会社でも、「今月中に、必ずやります」と神妙な顔でよく言ってました。

しかし、それは常に「目標の営業数字」の事でした。

 

ある日、僕も皆と同じように、上司に「来週の金曜日、休ませていただきたいんですが」というと、

 

「了解」

 

それだけでした。何の理由も聞かれません。

「有給なんて言い出しにくいし・・・」と、最初の頃は躊躇していたのが馬鹿馬鹿しかったです。

 

むしろ、「なりゆき(僕の名前)。お前は、有給消化が遅れてるんだから、もっと休んでくれよ」と上司に言われました。

 

 

会社によって、有給休暇の扱いがこうも違うのか、と思いました。そして、改めて最初の会社が少し変だったと、理解しました。

 

有給の取らせ方で、「社員を財産とみるか、会社の駒とみるか」が一目瞭然です。

 

こういう違いは、まさに企業のカルチャーであり、有給義務化で制度が変わっても、根っこの部分は、簡単には変わりません

 

そういうカルチャーの会社では、有給義務化の抜け穴を探します。

 

例えば、普通の会社なら別枠であるべき「夏季休暇2日と、年末年始休暇3日を義務化の5日間にあてて終了となる可能性があります。

 

(平日にライブに行きたい。でも無理か・・・)
(平日の安い日に旅行に行きたい。でも無理か・・・)

 

休みたい日に休めない。そんな普通の幸せを何年も捨て続けると、いつか心が病みます。断言しておきます。

 

でも、普通のホワイト企業に転職すると、嘘のように悩みが解決しました。僕がそうでした。

 

僕がこのホワイト大企業に転職した時の経緯や、面接の様子を書きます。人生の転機が訪れたのは、社会人4年目、27歳の頃でした。

 

最初の転職活動の話

よく「最低3年働け」とよく言われるので、最初のキツい中小企業で我慢して3年間働きました。

 

入社4年目ともなれば、新人の面倒も見ることなり、「仕事の手本を示せ」と言われ、責任感も増してきます。

 

でも、心が今の仕事からどんどん離れていきました。

5年後に、自分が今の上司と同じ立場で仕事してて、幸せか?・・・いや、それはないな。

 

その時点では、まだ転職を考えていなかったんですが、何気なくリクナビNEXT眺めていると、自分のやりたい仕事未経験OKの求人を見つけました。

 

これって、未経験OKか・・・

 

そう思ったら早く、数日かけて履歴書と職務経歴書を練り上げました。

職務経歴書作っていると、不思議とすぐに転職できる気持ちになってきました。

 

昼間の上司の話も、不思議と受け流すことができました。

別の選択肢が、俺にはあるんですよ」と思うと、気持ちがとても楽になったんですね。

 

まだ何も決まっていないし、ただ登録しただけなのに、いつもの会社の風景が違ってみえました

 

そして、満を持して、何社か応募しました。

 

 

結果は・・・全敗でした。書類の時点で落ちてばかりでした。

 

職務経歴書の書き方がおかしいのか、年齢が既に遅いのか、自分の学歴職歴ではダメなのかわからず暗中模索でした。

 

5社くらい応募して、まったく面接にもたどり着けませんでした

新卒採用のときは面接まで行けたのに、第二新卒になると、急に厳しさを知りました。

 

あれ? 俺、もしかして一生転職できない?
ヤバいかも。誰かに相談したい。

 

切羽詰まってきて、転職エージェントに相談することにしました。

 

今まで、転職エージェントというのは、僕ごときの入社4年目のキャリアと年収の若造には、敷居が高いと思い込んでいました。

 

なお、その時の年収は27歳ボーナス込み約400万円でした。

27歳にしては低くはないかもしれませんが、土日残業含めた仕事量の割に高くもありません。

 

そのとき僕がリクルートエージェントを選んだのに深い意味はなく、単に案件数が多そうで、知名度があったからです。

 

すぐに、エージェントの方と初回面談をしました。

 

初めての転職エージェントとの面談

エージェントの方は45歳くらいの男性で、若い僕の話をよく聞いてくれる、包容力のある方でした。

今でも、顔も名前もよく覚えています。自分のやりたい仕事を本音で伝えました。

 

「未経験では難しいかな  ・・でも探してみます。いいのが見つかったら連絡します」

 

といわれて3日後に、

 

なりゆきさんの希望に合った会社、見つかりましたよ。会ってみませんか」

 

と言われました。もちろん、面接することにしました。

なんでエージェント通すと、こうも簡単に面接まで進める?

 

不思議な感じでしたが、とにかく頑張ろうと思い、面接の準備をしました。

 

その会社は、今より遥かに大企業で、ビルに入るのにも緊張しました。

 

初めての転職の面接・・・

面接は、2対1でした。相手は、部門のリーダーとそのヘッドでした。

こちらの都合を優先し、わざわざ土曜日に面接を設定してくれました。

面接が平日にかぶると、有給を取りづらい会社なのでとても助かりました。

転職活動で仮病する必要がなく、安心しました。

 

面接では、

「今の仕事について」
「どういう成果を残したのか」
「それだけ働いて、どうやって休日に気分転換しているのか」
「なぜ転職したいのか」
「なぜうちの会社なのか」
「異動することもあるが、大丈夫か」

など、一通り聞かれたのですが、事前に準備していたので、悪くない雰囲気でした。

 

成果なんて、大したものは無いのですが、何とかひねり出しました。

 

この会社で充実して働く姿を、ふとイメージしました。

 

しかし、面接の後半で、

「う~ん。でも君は今の会社に残った方がいいんじゃない?」

と何故か言われて、必死で御社で働きたいことを伝えました。

 

なお、年収については、大企業だし下がることはないだろうと思い、こっちからは何も聞きませんでした。

 

面接が終わり、ビルから出ていくとき、

途中まで良かったけど、最後の言い方はダメってことか・・・?

と微妙な気持ちで社宅に戻りました。

 

半分諦めたまま過ごしていたのですが、2日後、外回り中に、エージェントから電話がかかってきました。

 

「なりゆきさん、今よろしいですか。おめでとうございます。先方企業から、採用の連絡が来ました。」

 

「本当ですか?!」

 

「なりゆきさんのご意向はいかがですか?」

 

「もちろん、働かせていただきます!」

 

 

ダメかな、と思っていたので、本当に、嬉しかったです。

 

そして、僕に対する企業側の評価も教えてくれました。

 

「先方からは、「27歳で、未経験の若手としてはギリギリだけど、仕事熱心で、真面目だし、ポテンシャルを買いました。期待しています」とのことです。頑張って下さいね。」

 

「ありがとうございます!頑張ります!」

 

 

(27歳でギリギリか・・・)

 

 

涙がじわっと出てきました。

 

社会人になって、いい年して、泣いたことなんてなかったんですが、今までの我慢、不安、緊張がどっとあふれ出てきた感じでした。

 

たかが転職で、いま考えたら大げさなんですけど、当時の僕にとっては、それくらい大変なことだったと思います。

 

付き合っていた彼女にも、このことをすぐに電話で伝えました。

 

僕よりも喜んでくれ、なんと彼女もその場で泣きました。そのことが印象的で忘れられません。

 

その彼女は、今は僕の妻です。

 

僕の場合は、やりたいことを基軸にしていたので、年収アップが直接の目的ではなかったのですが、結果的に、年収はその年に、一気に210万上がり610万円になりました

 

しばらくして、結婚式を挙げ、マンションを買い、無事に子供も生まれました。

 

宿泊代が安い平日に有給とって、家族旅行に行けるようになりました。

 

まとめ。有給取りづらい職場で、同じように悩んでいる若い人へ

有給が5日間義務化されても、企業のカルチャーは簡単には変わらないので、今後も有給取りづらい雰囲気は続くと思います。

 

僕もそんな会社で悩みながら働いていましたが、転職したら一発で悩みは解決しました。27歳で動き始めていなかったら、今頃どうしているのか。ゾッとします。

 

未経験の場合、27歳で「ギリギリ」と言われました。未経験の転職には、業種によって、見えない期限があります

 

今は、20代の7割が一度は転職、又は検討しています(DODA ホンネの転職白書)。

従って、25歳を過ぎてまだ何の転職サイトにも登録してないなら、「このまま私は今の会社で一生働いてもいいです」と宣言してるようなものです。もしそうなら良いです。

 

そうでなくて、25歳でまだ他の企業に興味があるならなら、僕の経験だと、少し急がないとヤバいです。

せめて、リクナビNEXTなど、大手転職サイトに登録だけでもしておいた方がいいです。少なくとも、明日からニーズにあった求人メールを受け取れます。

 

今の会社がつらい人は、転職サイトに登録したり、転職エージェントに相談して聞いてもらうだけで、気持ちが少し楽になります。いざとなれば逃げられる道を作っておくことが、心が病まないコツです。

 

そして、僕のように「書類さえ通らない」状況になったら、自分一人であがいても、もはや手遅れです。病気になって、自力で治そうとしているようなものです。

すぐにエージェントに頼るべきです。

 

エージェントを使うときに、入社2-3年目でも気兼ねする必要はないです。実際、優しかったです。


大手であれば、どこでも似たり寄ったりですが、僕の場合は、リクルートエージェントに紹介してもらい、本当に最初の一発で決まりました